虫歯菌を確実にやっつける方法とは?

 

虫歯菌をやっつける方法、つまり虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌を殺菌・除菌する方法として、【攻撃編】と【防御編】の2部構成でまとめました。

 

虫歯菌,やっつける

 

【攻撃編】では、ご自宅で天然甘味料の【キシリトール】と【BLIS-M18】という善玉菌を使って虫歯菌の数を徐々に減らす方法と、専門の歯科医院で虫歯菌を一気に殺菌・除菌する方法【3DS除菌治療】をご紹介します。

 

【防御編】で取り上げるのは誰でもご存知の【歯磨き】と【フロッシング】で、虫歯菌が住みにくい口内環境を作ることで、彼らの生命力をジワジワ弱らせることを目指しています。

 

つまり、、、虫歯菌に対するオフェンスとディフェンスをバランス良く行うことで虫歯菌を確実にやっつけて、 大人も子供も 虫歯ゼロ!を目指します。

 

虫歯菌,殺菌,方法

 

ではさっそく【攻撃編】からスタートしますね。

 

攻撃編

 

善玉菌で虫歯菌をやっつける!

 

ミュータンス菌をはじめとした虫歯菌をやっつけてくれる善玉菌がいることをご存知ですか?

 

口の中,善玉菌

 

ニュージーランドで虫歯にならない子供たちの唾液を調査した結果、オタゴ大学微生物学科ジョンタグ教授の研究により発見されたのが、唾液連鎖球菌M18(streptococcus salivarius M18)です。

 

 

虫歯菌,殺菌

 

 

日経新聞・朝日新聞などの全国紙や産経ビズ・ビズオーシャンといったネット媒体でも盛んに取り上げられましたので、既にご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

虫歯菌,殺菌

 

虫歯菌,殺菌

 

 

唾液連鎖球菌M18が口の中にいる子供は、なぜか虫歯になりにくいということが疫学調査の結果ハッキリ分かりました。

 

唾液連鎖球菌M18に関する論文はこちら(Pubmed) >>

 

この菌が虫歯菌を直接攻撃するわけではありませんが、結果として虫歯菌に対する殺菌除菌効果が得られているようです。

 

注目すべきポイントは、後天的でもこの菌を口の中に定着させられると、大人でも子供でも虫歯菌を確実に減らせることが医学的に明らかになったことです。

 

今この唾液連鎖球菌M18は、ニュージーランドのブリステクノロジー社(Blis Technologies Ltd.)によって虫歯予防成分【BLIS M18】として工業生産されています。

 

 

虫歯菌,殺菌

 

 

このBLIS M18を家庭で誰でもカンタンに口の中に取り込めるように、日本ではウィステリア製薬株式会社が歯磨き粉『ブリアン』として2015年から販売しています。

 

 

【ブリアン】 公式サイトはこちら >>

 

 

ブリアンはお馴染みのソフトなミント味。

 

一般的なペースト状の練り歯磨きではなく昔ながらの粉タイプなので、慣れないと多少の違和感があるかもしれません。

 

どうしても使いづらい、またはそもそも虫歯予防効果を実感できそうにない、と判断されれば返金してもらえるそうです (商品到着後60日以内)。

 

 

虫歯菌,殺菌

 

 

ブリアンは大人用以外にもイチゴ味風味の子供用もありますので、ご参考までに。

 

 

子ども用【ブリアン】 公式サイトはこちら >>

 

虫歯菌,殺菌

 

 

キシリトールで虫歯菌を餓死させる!

 

虫歯菌、特にミュータンス菌にキシリトールを摂り込ませることで栄養失調や代謝異常を起こさせ、最終的には口の中の生息数を激減させることを狙っています。

 

虫歯菌の代表であるミュータンス菌の餌は 糖類 です。

 

虫歯,なくす

 

砂糖はもちろん、お米や麺類あるいはイモ類のような炭水化物も、唾液のアミラーゼで分解されれば糖類になるので虫歯菌の餌になります。

 

虫歯,なくす

 

ミュータンス菌対策として糖類を一切口にしなければ問題ないのですが、炭水化物は私たちにとってとても優秀なエネルギー源で、これをまったく摂らないというのはおすすめできません。 ※炭水化物抜きダイエットは健康面でも美容面でもキケン...

 

そこで登場するのが キシリトール!

 

キシリトールは白樺や樫の樹から抽出される天然の甘味料で、糖類に分類されます。

 

 

キシリトール,白樺 キシリトール,樫

 

 

キシリトールは糖類なのでミュータンス菌はこれを喜んで摂取するのですが、彼らの栄養には一切ならず、ただ満腹感を与えるだけ。。。

 

虫歯予防効果,キシリトール

 

キシリトールがミュータンス菌の細胞膜を通過して摂り込まれると、消化する過程でキシリトール5リン酸になります。これがミュータンス菌の代謝障害を引き起こし、栄養を摂れない(無益回路)どころかエネルギーを消耗させるだけなので、生命活動も危うくします。

 

つまり、ミュータンス菌はキシリトールを摂り込み続ければやがて飢餓状態を起こし死滅するので、数を確実に減らすことができるのです。

 

 

キシリトールはいつ摂るのが効果的?

キシリトールを摂る第一のタイミングは食前です。

 

私たちがふっくら美味しいご飯やパスタなどの炭水化物をいただく前にキシリトールを口にすることで、ミュータンス菌を先に満腹にさせてしまおうという作戦です。

 

食前にキシリトールを摂ると、歯垢がつきにくくなるというメリットも見逃せません。

 

第二のタイミングは食後です。効果としては唾液の分泌を盛んにすることによる歯の再石灰化促進です。虫歯菌を攻撃というよりは、歯を強くするという防御の側面が強くなります。

 

つまり、食前に1回、食後に1回、というのがベストのタイミングであると同時にもっとも効果的な摂取方法となります。この方法を1セットと考えて、1日3回食事を摂るのでしたら1日3セット、ということになります。

 

まず朝起きたら軽く口をすすいだ後、すぐにキシリトール!を習慣化してみませんか?

 

オススメのキシリトール製品は?
いまキシリトール入の製品は様々なタイプが販売されています。

 

一番のオススメはガム類で、少しづつ長く口の中で広範囲にキシリトールを行き渡らせたほうが、ミュータンス菌に摂り込ませる効果は高いです。

 

キシリトール入のガムを選ぶ際に注意いただきたいのが、キシリトールの含有量です。理想はキシリトール100%、少なくとも50%以上の含有量は欲しいところ。

 

キシリトールの含有量が少ないと、甘み成分として蔗糖などを加えることが多いので、場合によっては逆効果になることもあり得るので注意して下さいね。

 

 

キシリトール100%ガム歯科専用

【歯科専用】キシリトール100%ガム amazon >>

 

 

3DS除菌治療で虫歯菌ゼロ!

 

かつては虫歯菌を殺菌・除菌することは不可能とされてきましたが、ここ最近登場した3DS除菌治療がそれを可能にしました。

 

虫歯菌,殺菌

 

3DS(スリーディーエス)とはDental Drug Delivery Systemの略で、オーダーメイドの専用マウスピースに殺菌薬・消毒薬・抗菌剤・フッ素などを注入し、歯に装着することで虫歯菌を効果的に攻撃する方法です。

 

 

虫歯菌,退治 虫歯菌,退治

※参照:http://www.machida-midorinomori.com/

 

 

鶴見大学探索歯学講座の花田信弘教授らによって開発された、いま全世界注目の最新予防歯科療法です。

 

 

虫歯予防,虫歯菌

参照;https://manabi.benesse.ne.jp

 

 

治療期間中はご自宅でも専用のケアが日々必要になりますが、この画期的な治療を受ければ虫歯菌も歯周病菌も除菌可能です。 

 

3DS除菌治療を受けるには虫歯治療が終了していることが前提です。また実際にマウスピースを作る前の段階で問診や唾液検査やPMTCなどもあり、1回の通院では終わりませんので通いやすい場所にある歯科医院を選んで下さいね。

 

 

虫歯予防,3ds

 

 

3DS除菌治療はまだ保険適用外で、トータルで2万円から3万円ほどと高額です。また施術可能な歯科医院も限られていますので、まずはお近くに治療可能な歯科医院があるかどうかだけでも調べておいてくださいね。

 

 

 

防御編

 

防御編では歯と歯の間をお掃除するフロッシングと、歯の表面をお掃除する歯磨きについてご紹介します。

 

 

フロッシング

 

歯ブラシによる歯磨きだけではどれだけ一生懸命ゴシゴシやっても、歯間を中心に磨き残しが平均10〜30%はあると言われています。さらに、虫歯の実に90%は歯間に発生すると言われています。

 

虫歯,歯と歯のあいだ

 

そこで登場するのが デンタルフロス!

 

 

虫歯,予防

 

 

フロッシングは必ず歯磨き前に行って下さいね。【フロッシング】 ⇒ 【歯磨き】の順番です。フロッシングによって掻き出された食べカスなどの汚れを、歯磨きで確実に取り去る!という考え方です。

 

歯磨きとセットで毎回行わなくても、1日1回就寝前には必ず行って下さいね。

 

 

フロスの使い方

 

使い方のポイントは、歯間にフロスを一気に挿入するのではなく、左右にゆっくり動かしながら少しづつ挿入することです。

 

フロス,使い方

 

勢いに任せて無理やり挿入すると、歯茎を傷付け炎症を起こさせる原因になります。歯と歯の間にできている三角形の小さな空間にまでフロスをシッカリ送り届けつつ、歯茎を傷付けないように優しく行ってくださいね。

 

虫歯,フロス

 

せっかく三角形のところまで優しくフロスを送り届けても、食べかすを掻き出さなくては意味がありません。歯と歯が密着している面はフロスを挿入する段階で掻き出されるので問題ありませんが、三角形のところは両方の歯の側面にフロスを密着させて、あらためて掻き出す必要があります。

 

つまり、三角形の部分は歯の根元から先端に向かって、それぞれの側面をフロッシングするイメージです。

 

 

おすすめのデンタルフロスは?

 

いまフロッシング用の商品(デンタルフロス)は様々なタイプが販売されています。

 

虫歯,フロス虫歯,フロス虫歯,フロス

 

 

大きく分ければ2種類で、数メートルの糸がリール状に巻かれていて適切な長さに都度カットして使うリールタイプと、持ち手付きで糸が既にセットしてあるホルダータイプです。

 

虫歯,予防

 

デンタルフロスを初めて使われる方は、まずホルダータイプでフロッシングのコツをつかんでくださいね。くどいようですが、歯間にゆっくり優しく!ですよ。

 

 

虫歯,フロス

 

ホルダータイプも2種類あります。

 

前歯の歯間を掃除しやすいF字型と、前歯も奥歯を掃除しやすいY字型です。

 

 

デンタルフロス F字 デンタルフロス Y字

 

 

値段は若干高いのですが、初めての方には右のY字型をおすすめします。

 

 

デンタルフロス Y字型 各社 値段比較 >>

 

 

ホルダータイプでフロッシングのコツをつかんだら、次はコスパの良いリールタイプにチャレンジして下さいね。

 

虫歯,予防

 

 

ホルダータイプは1回につき9円から15円かかりますが、リールタイプでしたら1回につき2円から3円で済みます。

 

リールタイプも大きく分ければ3種類あります。ノンワックスタイプ、ワックスタイプ、エクスパンドタイプです。

 

 

虫歯,防ぐ,フロス 虫歯,防ぐ,フロス 虫歯,防ぐ,フロス

 

 

ノンワックスタイプは従来からある糸そのもので、歯間に入れる際に多少の摩擦があります。

 

この入れにくさを解消したのがワックスタイプで、滑りやすくするためのワックス加工が施されています。

 

歯間の汚れを最も良く取れるのがエクスパンドタイプです。

 

 

虫歯予防,方法 虫歯,防ぐ,フロス 虫歯,防ぐ,フロス

 

 

唾液で濡れると糸がフヤケてほぐれることで、掻爬しやすくなります。

 

 

虫歯,防ぐ,フロス

 

虫歯,フロス

 

 

歯間の狭い方は挿入しにくいこともありますが、無理なく使えるようでしたらぜひこちらのエクスパンドを使ってみてくださいね。

 

管理人はこれまで市販されているほぼすべてのエクスパンドを試しています。今のところ、使い心地と使いやすさ、そして汚れの取りやすさで、ジョンソン・エンド・ジョンソンの【リーチ クリーンペースト タイトティース】がNo1です。

 

 

楽天 リーチ クリーンペースト 価格比較 >>

 

虫歯予防,方法

 

虫歯予防,方法

 

 

ジョンソン,フロス

参照:http://reach.jp/floss/cleanpaste.html

 

 

 

歯茎が弱い方はジェットフロス!

 

糸を使ったフロッシングは歯間の汚れを毎日手軽に取る方法として有効なのですが、どうも使いづらい、出血してツライ、、、などなど、使用感がイマイチということでしたら、水流・水圧を使うジェットフロスもおススメです。

 

 

ジェットフロス,虫歯予防

 

 

パナソニックのジェットウォッシャーやアメリカ製のウォーターピックなどが有名で、街中の量販店で気軽に購入できます。

 

 

ジェットフロス,パナソニック ジェットフロス,パナソニック ジェットフロス,パナソニック

 

 

通販の方が安く購入できることが多いので、検討される際は必ず通販価格を参照してくださいね。

 

 

amazon ジェットフロス 価格比較 >>

 

楽天 ジェットフロス 価格比較 >>

 

 

ジェットフロスは水流が出るノズルさえ歯間に向けてしまえば、誰でもカンタンに歯間洗浄できる便利なアイテムなのですが、特に前歯を洗浄する際に周囲に水滴をまき散らしてしまうことを嫌がる方も多いようです。

 

そんな方向けに、最近ではお風呂場で電気を使わずにジェットフロスを行える商品も登場していますので、参考までにご紹介しておきますね。

 

 

 

 

歯間洗浄専門店のオンリースタイルが販売している【歯間ジェットクリーナー】で、付属のアタッチメントさえ蛇口にセットしておけば、使いたい時にホースを差し込むだけですぐに使用できます。

 

 

 

 

詳しくは公式ホームページで確認してくださいね。

 

 

【歯間ジェットクリーナー】公式HP >>

 

 

歯磨き

 

ここで言う歯磨きとは、歯を磨いてピカピカにすること!が目的ではなくて、歯に付着した食べかすや歯垢(プラーク)を取り除くことが目的なので、【歯を磨く】という表現は虫歯予防の観点からは???なのですが、便宜上この言葉を使いますね。

 

 

虫歯予防

http://clinica.lion.co.jp/oralcare/plague.htm

 

 

歯磨き,虫歯用,方法

ただ歯をゴシゴシ磨けば良いということではないので、これまで漫然とブラシを動かしていた方は、これからは意識を「歯に付いた汚れを落とす!食べかすを落とす!」に切り替えてくださいね。

 

 

 

食べたらすぐに歯磨きは逆効果!?

 

歯磨き粉を使わない水だけのブラッシングでも基本的にはOKなので、とにかく何か糖類を口にして30分経過したら歯磨き!これを原則にしてくださいね。

 

30分経過、、、というのは、食事中に脱灰した歯が唾液によって修復(再石灰化)されるのに最低30分(〜60分)は必要ということです。

 

歯磨き,虫歯予防
http://love-and-teeth.cocolog-nifty.com/blog/

 

 

食後すぐに歯を磨きたがる方がいますが、食事によって歯の表面が柔らかくなっているところに歯ブラシでゴシゴシしてしまっては、エナメル質を無用に削ぎ落とすだけなので逆効果です。

 

特に毛先の堅い歯ブラシで毎日ゴシゴシやれば、歯の表面はミクロレベルで凸凹状となり、雑菌が住み着きやすくなってしまいます。お風呂場のカビを落とそうとブラシでゴシゴシやらないほうが良いという理由と同じです。

 

虫歯予防のための歯磨き方法についてはこちらのページで詳しく解説しています >>

 

 

歯間ブラシについて

 

歯間ブラシの役目は、歯間にある歯と歯茎の境目(ポケット)の掃除で、歯と歯の隙間に余裕でブラシが通るようでしたら、歯間ブラシも有効です。

 

 

歯間ブラシ 各種 >>

 

 

歯間ブラシ

 

 

歯間ブラシが特に効果を発揮するのは、生まれつき歯間の広い方や歯周病で歯茎が後退してしまった方です。使い方には若干のコツが必要なので、歯科医院で指導を受けてから使われることをおすすめします。

 

 

歯間ブラシ

 

 

歯間ブラシを使ってみたいけど歯医者さんに行く時間がない、ということでしたら、ライオン歯科材料(株)のホームページで使い方の解説をしていますので、そちらを参考にしてみてくださいね。 

 

ライオン歯科材料(株)公式HP >>

 

 

やっぱり磨き残しが心配...

 

ご心配のとおり、フロッシング+歯磨きを行っても5%〜10%程度の磨き残しは誰でもあると言われています。そこで、最低でも3ヶ月に1回程度は歯科医院で機械を使って研磨してもらうことをおすすめします。

 

歯科医院でプロに歯磨きしてもらうことをPMTCと言います。デンタルフロスやフッ化物配合の歯磨剤を使って毎日歯磨きしても、厳密にはプラークを100%落とすことは出来ませんが、PMTCでしたらほぼ可能です。

 

PMTCについてはこちら >>

 

 

ウワサのころころ歯ブラシは効果あるの?

ころころ歯ブラシはテレ東のワールドビジネスサテライト「トレたま」で紹介され、たった1日で4万本も売れたという有名な歯ブラシです。

 

 

ころころ歯ブラシ

 

開発したのは、20歳から歯槽膿漏に悩んできたという富山秀夫さんという方で、発売元は京都の(株)やまちや。

 

 

ころころ歯ブラシ

 

 

もともとは歯茎のマッサージ目的で作られたようですが、毎日使っているうちに歯垢も取れ歯もツルツルになってきたことから、歯ブラシとして製品化されたようです。

 

 

ころころ歯ブラシ ころころ歯ブラシ

 

 

現在、ころころ歯ブラシは熱烈な愛用者がいる一方で、歯科医師の皆さんからはあまり評価されていないようです。歯の表面を転がすだけで歯垢が取れるというのは考えられず、歯学系の学会でもこの歯ブラシが話題になることはほとんどない、とのことですが。。。

 

管理人もこの歯ブラシは気になっていたので調べてみました。愛用者の皆さんの多くはどうやら虫歯対策としてよりも歯茎のマッサージ効果を高く評価している方が多いようです。中には通常の歯ブラシで歯磨きをして、最後にころころで歯茎をマッサージ、という二刀流の方も少なくないようです。

 

結論としては、歯垢や食べかすを取るための歯ブラシというよりも、歯茎を健康にするためのブラシローラー、と考えたほうが良いかもしれませんね。

 

虫歯はもちろん歯茎の腫れ出血も気になるわ、、、という方は、公式ホームページで詳細を確認してみてくださいね。

 

 

ころころ歯ブラシ 公式ホームページ >>

 

虫歯予防の基本的な考え方

 

あなたの口の中には虫歯菌がウジャウジャ!

 

いま虫歯菌を気にされているということは、かつて歯医者さんのお世話になって痛くて辛かった経験がある方だと思いますので、その前提でお話しますね。

 

虫歯菌,やっつける

 

今あなたの口の中には虫歯菌がウジャウジャいます。

 

 

「えっ?! 歯医者さんで虫歯の治療終わったし...」

 

確かに虫歯の治療は終わっていますよね。でも残念ながら、いくら腕の良い歯医者さんで虫歯治療を行ったとしても、虫歯の原因菌であるミュータンス菌はまだちゃんと口の中で元気に活動しています。

 

一度でも虫歯になったということは、虫歯菌のミュータンス菌が、常在菌として 口の中に定住 している証拠です。

 

いったいいつ虫歯菌に感染したの!?と疑問の方は、『虫歯の本当の原因』を参照いただくとして、この場でカンタンに説明すると、実は早くも3歳頃までに周囲の大人から感染してしまっているのです。

 

 

虫歯菌の出す酸で歯は溶ける

 

ミュータンス菌は糖類が大好物で、これを餌にすると代謝物として酸が作られ、歯のエナメル質が溶け始めます。この酸は人間で言えば排泄物のようなもので、「さあ、歯を溶かしてやるぞ!!!」と狙って出しているわけではないのです。

 

 

虫歯予防,虫歯菌

 

 

実はミュータンス菌の酸だけでは、歯医者さんのお世話になるような虫歯にはそうカンタンに大きく進行しないのですが、ここにラクトバチルス菌というもう一種類の菌が登場すると、虫歯は一気に進行し始めるのです。

 

ラクトバチルス菌|虫歯の人は要注意 >>

 

 

ラクトバチルス菌は単独では歯の表面に付着することはできません。ミュータンス菌が酸を出して溶かした歯にだけガッチリ付着するのです。

 

 

虫歯菌,除菌,方法

 

 

ということで、虫歯を作らせないためにはどうしたら良いのか、だいたい想像はつきましたよね。

 

そう、虫歯のキッカケを作るミュータンス菌を上手くコントロールして、可能な限りゼロの状態を維持すれば良いのです。

 

 

虫歯菌,殺菌

 

 

 

 

 

 

虫歯菌 殺菌虫歯の原因 虫歯菌

 

更新履歴