乳酸菌のラクトバチルスは虫歯を一気に悪化させる!?

 

ラクトバチルス菌は口の中にも定着!

 

ラクトバチルス菌(Lactobacillus)は自然界に普通に存在する一般的な菌で、整腸に興味のある方でしたらもうスッカリお馴染みの菌ですよね。

 

 

ラクトバチルス菌,虫歯

 

 

私たちが普段よく口にする炭水化物の中にも含まれていて、乳酸菌飲料の中には特にたくさんいることが知られています。

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

免疫力アップや花粉症対策で話題のラクトバチルス菌は、具体的にはブルガリア菌(ラクトバチルス・ブルガリクス)や乳酸菌シロタ株(ラクトバチルス・カゼイ)などのことです。

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

ラクトバチルス菌は普通は腸の中にいるものですが、虫歯がある方は歯の表面でも見つけることができます。ただし口の中では単独で定着することができないので、他の菌によって作られたバイオフィルム(ネバネバのプラーク!)の中で生息しています。

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

ラクトバチルス菌は虫歯が大好き!

 

問題なのは、ラクトバチルス菌はミュータンス菌が出す酸によって溶かされたエナメル質の環境つまり【虫歯】が大好きなことで、そこで元気いっぱい繁殖して虫歯を一気に悪化させます。

 

 

ラクトバチルス菌,虫歯

 

 

虫歯になりやすい方の口の中では、金属の詰め物の周囲にラクトバチルス菌をたくさん発見できます。特に目立つのは、金属とエナメル質の境目や、金属と歯茎の境目(マージン)などです。 参照:http://iritani.exblog.jp

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

こういった場所は歯磨きだけではなかなか汚れを取りきれないので、他の菌がバイオフィルムを作りやすく、ラクトバチルス菌はそこに侵入して定着し始めるのです。

 

カビが発生したからといって浴室内の目地をブラシでゴシゴシすればするほど、細かなキズや凹みがたくさんできて、カビが余計に繁殖しやすくなるのと状況は似ています。

 

虫歯がある人はラクトバチルス菌を摂ってはいけないの???

 

一度でも虫歯になった経験のある方は、既に口の中にミュータンス菌がいるということなので、可能な限りラクトバチルス菌を摂らないようにしたいところですよね。

 

ということで、ラクトバチルス菌がたくさんいることが分かっているヨーグルトや炭水化物は一切口にしない!というのは現実的ではありません。

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

大人でも子供でも炭水化物のお米・パン・麺類・イモ類を一切摂らないというのは、虫歯の心配よりも健康そのものを心配しなければならなくなりますし、子供の免疫力アップに効果バツグンのヨーグルトも一切摂らない!というのはモッタイナイ...

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

大切な考え方は、ラクトバチルス菌を摂ることと、口の中に定着することは別問題!ということです。

 

ミュータンス菌によって溶かされたエナメル質つまり虫歯がなければ、ラクトバチルス菌によって虫歯が一気に悪化することはないので、神経質になる必要はまったくありません。

 

乳酸菌,ラクトバチルス菌

 

もちろん、今まさに虫歯があるという方や金属の詰め物が多い方は、念のためヨーグルトをはじめとした乳酸菌関連の食品の摂取は控えるに越したことはありませんし、虫歯菌の除菌に本気で取り組んで欲しいところです。。。

 

虫歯菌をやっつける方法はコチラの記事を参照してくださいね >>

ラクトバチルス菌のサプリを飲むと虫歯になる!?

 

そのようなウワサがありますよね。

 

ラクトバチルス菌,虫歯

 

確かにラクトバチルス菌はミュータンス菌と並ぶ虫歯菌ですが、虫歯の最初の一歩を作り出すミュータンス菌さえ口の中にいなければ、どれだけ摂ってもまったく問題ありません。

 

 

ラクトバチルス菌,虫歯

 

 

それでも、かつて一度でも虫歯になった経験がある方はラクトバチルス菌の保菌者と考えられるので、ラクトバチルス菌がアッという間に口腔内に拡散されるドリンクタイプや顆粒タイプあるいは錠剤タイプのサプリは控えるに越したことはありません。

 

ということで、いま現在虫歯がある方はもちろん、乳歯も含めてこれまで一度でも虫歯になった経験がある方は、ぜひカプセルに入った状態で摂取できる乳酸菌サプリを利用して下さいね。

 

 

ラクトバチルス菌,虫歯菌

 

 

虫歯が心配な方が安心して摂取できるカプセルタイプの乳酸菌サプリとしては、テレビや雑誌でもよく取り上げられている【乳酸菌革命】などが代表です。

 

 

乳酸菌,虫歯

 

 

カプセルには胃酸にも胆汁にも強い素材が採用されているので、乳酸菌は腸の中にしか届けられません。

 

また、ブルガリクス菌・カゼイ菌といった定番の乳酸菌以外にも、ビフィズス菌・ラブレ菌・カゼリ菌といった様々なタイプの乳酸菌が含まれているので、自分の腸内フローラに自然に適応してくれる乳酸菌を見つけやすくなります。

 

 

乳酸菌革命の公式サイトはこちら >>